矯正歯科の現状

解決しつつある矯正器具の問題

矯正歯科治療に矯正器具の装着は必須ですが、従来の矯正器具は、あまりにも目立ち過ぎました。目立ち過ぎる矯正器具を装着したくないという理由で、矯正歯科の治療を受けることを拒んだ人も多くいたことでしょう。しかし、現在では新しい矯正器具が開発され、従来よりも目立たないようになっています。なぜ、目立たないのかというと、従来は金属製だった歯に接着している部品が金属製ではなくなり、しかも、色が透明や白になっているからです。また、歯の裏側に装着するタイプの矯正器具もありますので、目立たないどころか、まったく人目に触れることすらないということも今では可能なのです。これらの新しい矯正器具は、まだ限られた歯医者でしか使用していませんが、今後は一般的になることでしょう。

解決の目処が立っていない治療費の問題への対応

但し、残念ながら、治療が受けにくい面も矯正歯科治療には残されており、その問題の解決の目処は、未だに立っていない状況です。解決の目処が立っていない問題とは、治療費です。治療に保険が適用される場合、患者の治療費負担は一般的には3割です。矯正歯科治療にも、保険が適用されます。しかし、保険が適用される治療は、ほんの僅かしかありませんので、ほとんどの矯正歯科治療は保険適用外で行われています。つまり、矯正歯科の治療を受けるつもりならば、治療費の全額自己負担を覚悟しておかなければならないのです。しかも、矯正歯科治療の治療費は高額です。平均すると、子供の場合は50万程度、大人の場合だと100万円近くしてしまいます。さすがに、これほどまでの大金を用意することは容易なことではないでしょう。そして、今のところ、保険の適用条件が見直される予定はないようです。ただ、医療費控除を受ければ、負担を軽減させることはできます。1年間に医療費の支払いが10万円以上あれば、納める税金が一部免除されるというのが医療費控除です。ですから、医療費控除を受ければ、実質、治療費は安くなるというわけです。