美しい歯を目指そう

装置が目立たない治療

矯正治療は子供の頃に済ませておくことが理想ですが、大人になっても決して遅くはなく治療を行なえば美しい歯並び、正しい噛み合わせを得られるようになります。大人になると、やはり子供の頃に比べ装置が目立ってしまうことに抵抗を感じるようになりますが、今は裏側矯正のように装置を目立たせずに治療できる方法が色々と用意されています。裏側矯正だけではなく、マウスピースのような装置で目立たせずに治療を行なったり、透明の装置が用意されていることもあります。こうした目立たない矯正装置をつけることで、大人世代も装置が目立つことを気にせずに治療を行なえるようになります。今後はさらに装置が目立ちにくく、より快適に矯正が行なえる治療方法が登場することが予想されます。

裏側矯正で気をつけたいこと

裏側矯正をすれば装置が表に見えずに矯正治療が行なえますが、やはり気をつけなくてはいけないことがあります。裏側矯正は表側に装置をつける治療よりもさらに難しく高い技術が必要となりますし、効果が出るのにやや時間がかかる場合もあります。 さらに裏側矯正を行なった場合は、装置の装着に舌が慣れるまでしばらく発音がしづらい場合もあります。そのほかでは表側につける場合と違い、装置が見えにくいので、その分、清掃がやや難しくなるということがあげられます。それゆえにきれいにするためにはより丁寧に歯磨きが必要です。裏側矯正は目立たずに治療できることはメリットですが、一度取り付けると勝手に外すことはできませんので、注意点についても良く理解しておきましょう。